FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
和歌山労働局への申し入れ
 本日(2月23日)、伊都地方を皮切りに、全県縦断キャラバンがスタートしました。
 伊都地区労事務所のある橋本市職員労働組合にて簡単な打ち合わせのあと、早速橋本市当局と懇談。「企業誘致に力をいれているというが、誘致した企業で雇い止めなどがおこらないようにしてほしい」「行政が率先して雇い止めをするべきではない」など、昨今の雇用情勢に照らして、市が果たすべき役割について要請しました。

 これに先立ち行われた2月20日?21日の全国いっせいの労働相談で寄せられた事例に基づき、23日午後、和歌山労働局へ「労働者派遣法違反に対する指導強化についての要請」を行いました。県内の製造業において、偽装請負や労働者派遣の上限期間(3年)を超えて派遣を受け入れている事例、契約期間中の違法解約「派遣切り」などがおこっている事例、について厳しく対応するよう申し入れました。
 対応した担当者は、「法令違反については厳しく対応する。具体的な事例について教えてほしい」と積極的な対応を約束されました。

 まもなく年度末をむかえます。「働く仲間を路頭に迷わせない」この一点で私たちはがんばります。
働くなかまのつよーい味方、和歌山県地評(わかやまけんちひょう)にご相談ください。

 労働相談は、0120?378?060へ。月?金、10:00?17:00。
いよいよ春闘本番!ところで「春闘」ってなんだ?
難しい話は抜きにして、和歌山県地評加盟組合のとりくみを紹介していきます。

まず、県内16組合(支部)が加盟する和歌山県医療労働組合連合会(略称:和歌山県医労連)から速報が届きました。

全医労(全日本国立医療労働組合)和歌山支部と南和歌山支部が5期連続過半数達成!
全医労和歌山支部と南和歌山支部は、2月2日、過半数組織であることを当局との間で確認を交わしました。独立行政法人化以降、毎年労働者代表権を獲得するために過半数組合の達成をめざして奮闘してきました。これで5期連続の過半数達成となりました。独立行政法人国立病院機構は、施設長(病院長)は、労働者代表者との間で労働協約を締結・遵守し誠実に履行しなければならないと規定されています。時間外労働・休日労働に関する36協定を労働者代表者との間で結んで監督署に届けなければなりません。労働安全衛生委員会の委員の半数は労働者代表者の推薦するものを任命しなければなりません。労働者代表権を獲得することは職場の労働環境の改善のための大きな力になります。

以上
春闘討論集会で話題になっていた学校給食の民間委託と偽装請負について、次のようなページがありました。自治労連のホームページです。
http://www.jichiroren.jp/modules/topic/index.php?page=article&storyid=845
脇田先生のお話、たいへん迫力ありました。
今起こっている大企業による「派遣切り」などの問題を、ズバリと斬っていただきました。非正規雇用の問題点と、セーフティネット強化の提案など、これからのとりくみに大いに参考となる内容でした。

派遣を受け入れる企業は、派遣労働者と直接の雇用関係がないため、自ら解雇しなくていい、わずらわしい保険関係の実務をしなくていい、労働組合と交渉しなくていい、などなど、派遣労働者を使う側にとってきわめて「便利」な道具として活用されています。しかも不安定な雇用なのに賃金が低い、有休や保険など、法律の保護から抜け落ちているなど、まさしく人権の問題であることを指摘されました。

パートや臨時、非正規雇用の問題は避けて通れません。
「つながり」づくりをすすめましょう!
みなさん、こんにちは。
湯浅城へようこそ。
ゆっくりとくつろいでいただきながら、勉強も交流もたっぷりどうぞ。

なお、携帯電話はマナーモードに設定の上、通話は会場外でお願いします。
春闘討論集会に関する質問、感想、要望などは、この記事に返信して下さい。
分科会の希望や変更依頼もこの記事へのコメントとして返信してください。

それでは、この2日間、どうぞよろしくお願いいたします。

事務局 杉
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。