団結ガンバロー
大政翼賛・独裁政治を許さず、
憲法と民主主義、労働者・国民の生活と権利を守る政治実現のために奮闘しよう!


 和歌山県地評は8月25日(土)、和歌山市内で第61回定期大会を開催しました。
 
 東日本大震災発生から1年6か月、紀伊半島大水害から早くも1年が経とうとしています。大規模災害での大きな被害は、生活基盤の弱いところに特に大きくのしかかり、被災地では復旧にも至らないところが数多く残されています。また、福島第一原子力発電所の過酷事故は、被災地のみならず日本中、そして世界の人々を大きな不安に陥れ、原子力発電の「安全神話」の虚構を身をもって実証しました。

 にもかかわらず民主党・野田政権は、財界の要請に応え早々と原発の再稼働を決め、復興を口実にした消費税増税・社会保障制度のさらなる切り捨てにまい進しています。事故続きの米軍オスプレイの日本配備についても、沖縄県民や低空訓練コースに含まれる自治体を中心とした大きな反対の声にも耳をかすことなく強行しました。毎週金曜日に官邸前に押し寄せる「再稼働反対」の声をものともせず、かつての自民党型政治以上に財界奉仕の政治を進めています。これは政権交代で託された国民の切実な願いに対する裏切りにほかならず、今や退場したはずの自民・公明との大政翼賛体制に陥っており、厳しく糾弾されなければなりません。また、労働組合を否定し民主主義をないがしろにする独裁政治の台頭も見逃すわけにはいきません。

 「近いうち」に行われる総選挙、2013年夏の参議院選挙では、労働者の怒りの声を集中し、アメリカ言いなり・財界べったりの政治から、労働者・国民の声を実現する政治への転換をめざして奮闘しましょう。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する