FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 新年あけましておめでとうございます。

 「日比谷で年末年始を生き抜く」と年越し派遣村が行われています。派遣切り、雇い止めなど、会社側の一方的な契約打ち切りで職とともに住居も失う状況が全国的に広がっています。儲け(過大な内部留保、株主配当)のためには何をしても許される、というまさしくルール無き資本主義社会は、とどまるところを知りません。これらの企業行動を社会のために適正に規制し、社会全体で生み出した富の再配分をはかるのが政治の仕事。これをほっぽり出して「政権」にしがみつく姿は本当に哀れ。この年越し派遣村には、200人を超えるボランティアと各地から炊き出しなどの食材が集まっているといいます。人民の力を甘く見るなよ、という思いがいっぱいつまっているのではないでしょうか。

 さて、和歌山でもこの毎週炊き出しを行っている団体があると聞きました。和歌山県内でも今後、仕事も家もない、という事例が増えてくるのではないでしょうか。そんな時こそ労働組合の出番。緊張感をもって迎えた新年でした。

 本年もどうぞよろしくお願いします。
 コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。